illuminati

街の灯、夜の匂い。フロム大阪city

なるべく歩く #1

f:id:ame_miyakoji:20200801222419j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222414j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222424j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222428j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222432j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222436j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222441j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222448j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222454j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200801222459j:plain

 

長柄橋あたり(再び)

コロナ禍もあり外出を控えめにしていたせいか、運動不足の因果が腹回りに如実に現れる今日この頃。
7月はなるべく歩こう月間ということで、とりあえず昼休みに某地下街を無意味に往復したり(地下は涼しい)帰りにひと駅分くらい余計に歩くようにしていました。成果は…どうでしょうね。

この日は、持っていた70mmのレンズで撮れそうなところを求めてさまよい、また川のほうに来てしまいました。つづく

川と眠り

f:id:ame_miyakoji:20200719013329j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200719013333j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200719013338j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200719013342j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200719013347j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200719013351j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200719013356j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200719013401j:plain

 

f:id:ame_miyakoji:20200719013405j:plain

長柄橋あたり

いつも、川に突き当たるところまで来て、町の果てまで来たなとおもう。
たいがい散々住宅街など彷徨ったあげく川にぶち当たり、ここまで来たから今日はここで終了でいいかな、となって帰宅する。「果て」はどこでもいいんだけど、引き返すポイントを見失うとどんどん睡眠時間が削られていく…

夜が明けたらちゃんと出勤して仕事しないといけないのだけど、そういうことはあまり考えないようにして早く帰って少し眠りたい、とか思っている。眠れればだけど。こういう時は目が冴えてしまって眠れないだよなあ。